*お薬の価格はすべて税込みとなり、価格の「」は「先発品」、「」は「ジェネリック医薬品」となります。

■重要なお知らせ
法令遵守(薬機法 旧:薬事法)に基づき、「商品名の掲載は不可」並びに「写真を一部編集・加工しての掲載」となります。


■参考
薬生監麻発 0929第5号 平成29年9月29日 厚生労働省医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課長:医薬品等適正広告基準の解説及び留意事項等について

薬生発1005号第1号 平成29年10月5日 厚生労働省医薬・生活衛生局長 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則の一部を改正する省令等の施行について

【重要なお知らせ】零売(れいばい)における当薬局の方針と取り組みについて

病院に行くのも、なかなか大変。処方箋のお薬って、薬局で買えないのかな?風邪や怪我をした時に、病院の薬があると助かるんだけど…。

こんなお悩みはありませんか?

いこいの薬局では、そのような声にお応えして、『零売(れいばい)』というサービスをご提案させていただいております。

零売って何?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、いこいの薬局の薬剤師:鈴木 佑が、処方箋がなくても病院の薬が買える『零売』について、わかりやすく解説いたします。

このページを読むことで、「零売というのがあるんだ!」と知っただけでも、とても希少な価値があります。

このページでスッキリ解決すること

・零売とは何か?
・零売のメリットとデメリットがわかる。
・零売で購入できる医薬品を自分で調べられるようになる。
・零売で薬を購入したい時は、いこいの薬局へ!

安心・安全にお薬を使っていただけるようにサポートいたします!

薬剤師:鈴木 佑
薬剤師:鈴木 佑

それでは、最後までじっくりとお読みください。

零売とは?

いこいの薬局では、病院・クリニックなどの保険医療機関から発行の『処方箋による保険調剤(処方箋の受付)』を受け付けております。

しかし、時折このようなご質問をいただきます。

処方箋のお薬(お医者さんにかかってもらうお薬)って、薬局では購入できないんですか?

その答えは、「YES」でもあり、「NO」でもあります。

病院の薬(医療用医薬品)は、「処方箋医薬品」と「処方箋医薬品以外の医薬品」の2つに分類されます。

このうち、「処方箋医薬品以外の医薬品」であれば、医師からの処方箋や保険証がなくても薬局で購入することができます

これを『零売』といいます。

【零売】医療用医療用(処方箋処方箋と処方箋医薬品以外の医薬品)

風邪の薬から痛み止め、アレルギーの薬、保湿剤、ビタミン剤など、とてもたくさんあります。

薬剤師:鈴木 佑
薬剤師:鈴木 佑

零売は、「患者様・お客様が、薬剤師と相談して医薬品を購入する」という、とてもシンプルな形です(ドラッグストアなどで医薬品を購入するようなイメージです)。

いこいの薬局では、零売できるお薬であれば、直接対面(キャッシュレス決済可能)にてご対応いたします。

いこいの薬局は、「会員制」ですか?

いこいの薬局は「非会員制」です。

その他、「入会金」や「年会費」なども一切かかりません。

少しでも皆様のご負担を軽減できるように努めております。

皆様の健康と安心・安全を第一に、薬剤師がしっかりとカウンセリングをして、あなたに合ったお薬や最善・最適な方法(食生活・運動など)をご提案いたします。

ご希望のお薬やご質問などがあれば、お答えいたしますので、気軽にお問い合わせください。

薬剤師:鈴木 佑
薬剤師:鈴木 佑
★ポイント

病院の薬でも、「処方箋医薬品以外の医薬品」であれば、零売で購入することができる。

零売のメリット・デメリット

【零売】メリット・デメリット

零売という制度があるのはわかったけど、良い面と悪い面がありそう…。

薬(クスリ)」は、文字通り、逆から読むと「リスク」です。

文字通り、メリットデメリットがあります。

「病院の受診が面倒だから…」とか、安易な理由での購入はオススメしません。

ここでは、零売のメリットデメリットをわかりやすくまとめております。

しっかりと理解した上で、零売での購入を検討しましょう!

薬剤師:鈴木 佑
薬剤師:鈴木 佑

メリット

  • 医師の処方箋がなくても病院の薬が買える。
  • 病院での受診料や薬局での受付料がかからない。
  • 病院に行く手間、待ち時間を短縮することができる。
  • 病院が閉まっていても、薬局で開いていれば、購入できる。
  • 急な体調不良や天災・災害・緊急事態などの時に、備蓄薬や置き薬としてストックできる。
  • 膨張している社会保障費・医療費の削減に貢献できる。
  • 薬剤師が提案した医薬品の中から選ぶことができる。

零売は、「セルフメディケーション」としての側面が、とても大きいです。

薬剤師からのカウンセリングを受けて、ご自身の体調やライフスタイルに合わせた選択をすると良いです。

薬剤師とじっくり相談して決められるのも大きなメリットですね!

薬剤師:鈴木 佑
薬剤師:鈴木 佑

デメリット

  • 通販での購入はできない。
  • 保険適用外のため、自費での支払いになる(*保険適用よりも安くなることもある)。
  • 体調が回復しないこともある
  • 副作用などが起こった時の救済方法が不十分である。

零売で購入したお薬で、症状が良くならない時は、近隣の病院やクリニックへの受診、普段の生活を見直す(食事や運動、休養は取れているか?)などを検討しましょう。

また、お薬には「副作用」が起こることもあり、零売で購入した医薬品が原因となった場合、「医療品副作用被害救済制度」の対象にならないことがあります。

*医薬品副作用被害救済制度とは?

医薬品を正しい用法・用量で使用したにもかかわらず、起こってしまった副作用に対する補償のことです。医薬品で健康被害を受けてしまった人に対して、医療費や生活費の補償、年金を給付することにより救済しています。零売で購入したお薬による副作用は、補償を受けられない可能性があります。

■参考
医薬品副作用被害救済制度リーフレット − PMDA(医薬品医療機器総合機構) 医薬品副作用救済制度に関する業務

零売はメリット・デメリットもあるので、薬剤師からのカウンセリングを受けることが大切です。

万が一、副作用が疑われる症状が見られた場合、いこいの薬局へご連絡、または、速やかに医師の診察を受けて、適切な処置を受けてください。

気になる症状があれば、いこいの薬局の薬剤師にもご相談ください!

薬剤師:鈴木 佑
薬剤師:鈴木 佑
★ポイント

零売はメリット・デメリットもあるので、薬剤師からのカウンセリングを受けることが大切。

零売できるお薬の調べ方

【零売】零売できるお薬の調べ方(いこいの薬局 旗の台店)

零売できるお薬ってどうやって調べれば、良いんですか?

零売で購入できるお薬は、ご自身で調べることができます。

調べ方はとても簡単ですので、気になるお薬があれば、次の方法で調べてみましょう。

医療用医薬品の添付文書情報

PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)の「医療用医薬品の添付文書情報」のページにアクセスします。

PMDAの医薬品情報・添付文書の検索サイト
https://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html

一般名・販売名」の検索窓に調べたい「医薬品名」を入力して、「検索実行」をクリックしてください。

検索結果の医薬品名の項目に「処方箋医薬品以外の医薬品」と表示があれば、零売で購入できる医薬品です。

零売で購入できるお薬(処方箋医薬品以外の医薬品)と、零売で購入できないお薬(処方箋医薬品)を一例ずつみてみましょう。

例:痛み止めの薬 − ロキソニン(零売:◯)

【零売】例:痛み止めの薬 − ロキソニン(零売:◯)

処方箋医薬品以外の医薬品」と記載があるため、零売で購入できるお薬です。

例:抗生物質 − クラビット(零売:✕)

【零売】例:抗生物質 − クラビット(零売:✕)

処方箋医薬品」と記載があるため、零売で購入できないお薬です。

気になるお薬があれば、調べてみましょう!

薬剤師:鈴木 佑
薬剤師:鈴木 佑
★ポイント

零売できる薬は、PMDAの「医療用医薬品の添付文書情報」で調べられる。

いこいの薬局で零売できるお薬

【零売できるお薬】(トップ画)

いこいの薬局で、零売で販売しているお薬や価格の一覧は、ありますか?

いこいの薬局で販売している商品・価格については、次のページをご参考ください。

■零売できるお薬
https://ikoi-pharmacy.com/reibai/list/

また、こちらからも検索することができます。

*お薬の価格はすべて税込みとなり、価格の「」は「先発品」、「」は「ジェネリック医薬品」となります。

こちらに掲載していないお薬も多数ございます。

ご予約・お取り置きも可能ですので、気軽にご相談ください。

いこいの薬局では、法令遵守を徹底して、当サービスをご提供いたします。

薬剤師:鈴木 佑
薬剤師:鈴木 佑

まとめ

【零売】まとめ(いこいの薬局 旗の台店)

零売』は、「セルフメディケーション」の選択肢として、今後更に注目されていきます。

いこいの薬局では、薬剤師がしっかりとカウンセリングをした上で、あなたに合ったお薬や最善・最適な方法(食生活・運動など)をご提案いたします。

また、来局希望日の前営業日・営業時間までに、ご連絡いただきますと、希望する商品(医薬品)をお取り置きいたします。

また、電話メールLINE公式アカウントからも、ご予約やご相談ができます。

■電話番号
03−6426−1228

■メールアドレス
info[アットマーク]ikoi-pharmacy.com
(*[アットマーク]を「@」と変換して、ご送信ください。)

■LINE公式アカウント
https://lin.ee/lhPpp5f

友だち追加

処方箋がなくても、気軽にお越しくださいね!

薬剤師:鈴木 佑
薬剤師:鈴木 佑

いこいの薬局 旗の台店03-6426-1228【FAX】
03-6426-1229
(*処方箋の予約・受付も承っております。)

【営業時間】
月・火・金:8時30分〜19時00分
水・木・土:8時30分〜12時30分
日・祝祭日:お休み

【営業時間外】
公式サイトをご確認ください。

メール 気軽にお問い合わせください。

【便利で簡単】LINEから処方せん・零売の予約ができます!

【LINEお薬予約システム】(いこいの薬局 旗の台店).001
LINE公式アカウントから処方せん・零売の予約、直接お問い合わせができます!